Renlie's log 2

東京で活動する音楽/言葉/お菓子作家・蓮理のブログです。

誰がための曲。

最近初めて、「誰かのために曲をつくる」ということをしました。

普段はふっと湧いてくるものからつくっているので、
この人のために!みたいなのとか
感謝を伝えよう!みたいな、
外に向かって発することって少ないんです。

Backstitchの方も最新曲はよねじに向けて、
というかよねじのブログから断片を得て書いたものだったので
それも新鮮でしたが。
今回は、完全にある人のためにつくりました。

私が初めて飛び込みで弾き語りをやらせてもらった
幡ヶ谷36.5℃で毎月オープンマイク主催してる方です。

普通、オープンマイクってハコ側が企画してることが多いと思うのだけど、
彼女はハコとの共催という形でやってる。
そして、みんながマザーと呼ぶのが納得できるくらい、
本当に温かい人なのです。

誰が来ても、何をやっても、
心から楽しんで、真剣に聴いてくれる。
最初の緊張してたときはかなり救われました。

そしてなんと、今月はそのイベントが始まって10周年のアニバーサリー!

先月、このイベント終了後に残った数人で、
それぞれ一曲ずつつくってアニバーサリーのイベントでプレゼントしよう!
という話になり。

やったことないから内心物凄く焦りながらつくりました。

つくりだしたら、私はきっと彼女のことがほんとに好きなんでしょう、
言葉とかはどんどん浮かんできたんですが、
それでも一ヶ月でつくりきるのは難しかったな。

しかもその、先月の会で
ピアノでつくること、メジャーコードでつくること、最初のコードはEから!
とか制約をたくさんいただいていたのでなおさら。



でもなんとかできて、先日発表してきました。


またしてもお菓子とともにプレゼント!

本人目の前にして、その人の曲歌うって…
緊張するもんですね。

そして恥ずかしい。
普段の自分にない真っ直ぐな感じというか
告白をたくさんの人に見られてる感じでした。

絶対ちゃんと伝えたい、伝えよう、っていう思いと
恥ずかしさのせめぎ合い。

結果、ミスタッチはかなりありましたが、
ご本人には伝えられた気がします。

まあ最終的にその方の言葉に、
私の方が泣かされちゃうんですけどね。



次にこんな風に曲をつくろうと思うのは果たしていつの日か。
本気で思えたら、またやりたいな。



【ライブやります!】
2013年5月9日「CCO presents」
会場: 下北沢CCO
時間: 20時開演(出演も20時から)
出演: 蓮理、タカツタケル、杉田通孝

チケットはrenlie@backstitch.under.jpまたは
Twitterで@renlieまで!

広告を非表示にする