Renlie's log 2

東京で活動する音楽/言葉/お菓子作家・蓮理のブログです。

告別。

先日発表した錐針の新曲です。
歌詞を載せます。


「告別」

近付いている告別のときに
取り留めのない喜怒哀楽
色とりどりの花のよう
思いが咲いてく

肉体を前に
私まだあなたを探してる

忘れることなんてできないでしょ
悲しいのも当たり前でしょ
だから笑っていたいような
なんて 変ね

立ち上る煙が
魂を炙り出しそう

土曜日に音楽の溢れる場所で
遠くまで最後のお見送り
小さな手を振った女の子の肩に
柔らかく降り注ぐ陽



賛辞も中傷も聞きたくない
思い出を書き換えないで
父親、先輩、酔いどれ
そのまま…そのまま

冷えた肌に触れたら
崩れ去る私が見える

土曜日の音楽の流れる向きを
必ず刻んで刻んでおくの
気配に振り向けばその先で示して
私の行くべき道を



下る階段、色付くライト、一晩中
踊り明かす人々を眺めてた
握手ひとつで広がる
ひとときの輪
あなたと見た夢


土曜日に音楽の溢れる場所で
遠くまで最後のお見送り
小さな手を振った女の子に
残らず伝えたいあなたのこと



最愛、後悔、曖昧、崩壊
会いたいー



近付いている告別のとき

広告を非表示にする