読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Renlie's log 2

東京で活動する音楽/言葉/お菓子作家・蓮理のブログです。

いっぱいライブ見た。


今日はライブを見た。

古巣、Backstitchの新生一発目のライブは池袋手刀で。

f:id:renlie:20160416235111j:image
f:id:renlie:20160416235033j:image
f:id:renlie:20160416235101j:image
f:id:renlie:20160416235150j:image

自分がいたバンドだというのを忘れるくらい格好良かった。
ただ、より私にはわからない音楽になっていた。

バンドのエネルギーって凄いな。
羨ましさと安心と、半々くらい。
相変わらず「クソアマ」とか「ビッチ」とかメンバーから変わらぬディスを受けて、
それすら懐かしいという…。

次のライブも楽しみ。


そこから、センチメンタル岡田とがんばれ根本くんバンドのSeaside Suicideリリースパーティー@四ツ谷アウトブレイク

水中、それは苦しい から始まり、
GOMESSくん、センチメンタル岡田とがんばれ根本くんバンド。

水中はサポートドラムのさとこちゃんがインフルエンザで欠席、
代わりに本メンバーの方が叩くという、不思議な展開。
でも衰えぬ勢い。
なんで何度見ても熱くなるのか。

GOMESSくんは、Seaside SuicideのMVでの共演や、
個人的にYouTube見てるけど実物を見るのは初めてで。
目の前に現れたとき力が抜けるような安堵があった。
実在してて良かった、って。

岡田くんとのコラボも。
f:id:renlie:20160416235959j:image

8割をその場で作ってるというリリック、
何度も同じ文章を舐める私にはわからない、
でも何も綻びのない、強い言葉たち。

センチメンタル岡田とがんばれ根本くんバンドは紙芝居始まり。
f:id:renlie:20160417000201j:image

岡田くんが、もはやピアノを弾かないという潔さを見せてて、よかった。
f:id:renlie:20160417000258j:image

Seaside Suicideは、MV流しながらの生演奏。
f:id:renlie:20160417000402j:image

私もステージに上げてもらって、
監督の角田さん、GOMESSくんも同じステージにいて、
生きててよかったと思った。


終演後、声をかけて下さった方もいて、
ありがとうございました。
意外と私は女優だと思われててびっくりした…
うまく伝わったかどうか。


いろんなエネルギーを感じて、気付いたら散財している、
これは多分とっても素敵なことだ。

また明日。
おやすみなさい。

広告を非表示にする