読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Renlie's log 2

東京で活動する音楽/言葉/お菓子作家・蓮理のブログです。

「夕暮れまで」ありがとうございました。

「夕暮れまで」蓮理×た×高橋ルミ子スリーマン

ありがとうございました。

 

15時から開始というトリッキーなイベントでございました。

 

出演順は、蓮理→た→高橋ルミ子。

 

私は、

1. パブロフ

2-たがために

3.あさつゆ

4.ラムとレーズン

5.ガトーショコラ

f:id:renlie:20160922230723j:image

 

そして、最後に た とのコラボで

6.ひかりのかいな

をお送りしました。

f:id:renlie:20160922230723j:image

 

うにちゃんとのコラボで作ったお菓子の曲も、

弾き語りでやるとまた新しい気持ちでできます。

もっと全体の構成をつかんでできればと思う。

 

た とのコラボは、た がエレキギターで参加。

雰囲気を高めるギターフレーズが追加されて、

心地よく演奏できました。

 

その後、た の弾き語り。

今日はより自然に感じられるライブでした。

言葉と声が合う、というのはとてつもなく理想的な状態で、

見るたびに羨ましさを感じる自分と聴き入ってしまう自分に同時に遭う。

 

最後は、高橋ルミ子さん。

聴き慣れた曲もカバーも、なだらかな流れの中で。

 

私も念願の「かしはばやしの夜」を一緒にやらせてもらいました。

f:id:renlie:20160922230731j:image

生きているうちに、二度と発音しないのではないだろうか

という単語にたくさん出会った。

 

フルアコだったので、ギターソロも弾いて。

シンプルな楽曲と、ストレートに絡む声に痺れながら、自分もその中に溶けていけたらと思いながら演奏しました。

 

そして最後、3人で一曲。

高田渡さんの、「夕暮れ」。

 

コード進行はずっと同じなのに、

ひとつひとつの節にくせがあって難しかった。

私はピアノで参加しました。

 

 

人とコラボすると、その違いや自分の力不足が浮き彫りになります。

ここ最近の演目ではずっとそれを感じていたけれど、

ソロ同士でぶつかるとより、それが分かる。

特に、それが誰かに聴かせるものになると。

ずっと蘇る。

あの人の言ったことは正しかったと。

 

いつかまた、違う気持ちで一緒にできたらいいなあ。

本当に、一緒にできて嬉しかったから。

 

がんばります、また。

みなさん本当にありがとうございました。

 

 

広告を非表示にする