読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Renlie's log 2

東京で活動する音楽/言葉/お菓子作家・蓮理のブログです。

印象的な一言。

自分のことがよく分からなくなる日は
過去に人に言われて印象に残ってることを思い出す。

【小学校時代】
「そのほっぺたが好きだよ」
当時の親友 兼 初恋の女の子より
→私は自分の丸い顔が好きではなかったので印象に残っている。

「勉強ばっかりしたっていい大人にはなれないよ!」
ママより
→ピアノの練習しなかったら言われた。
ママは教師なのに…
当時は勉強できるタイプの優等生だったので、
学校では褒められるけど家では褒められないギャップがいい感じにプライドを折ってくれたと思う。

【高校時代】
「あなたにぴったりの言葉見つけたの。『掌握』」
近所の同級生女子より
→すっごい目をきらきらさせて言ってくれたのが印象的だった。
態度がでかいってことかなあ。。
近くで聞いてたママが爆笑してた。

【大学時代】
「その曲、軍歌みたい」
当時付き合ってた人より
→初めて作ったくらいの曲を歌ってたら言われた。
自分の客観的に聴く能力のなさを痛感した。
その曲は封印されている。

「あれ、俺の声と共鳴してるね。」
バイト先の先輩(かなり声が低い)より
→話してて謎の安心感がある人で、
これは何だろうと思っていたらそう言われて納得した。
本当に話してて変な倍音を感じた。

「俺より声低くない?」
友人男性より
→最近は声の高い男性が多いので、自分より高い声の方にも時々お会いします。
きっとこの方も違和感があったのでしょう。。

【大学卒業後】
「お菓子作るの?愛人っぽいのに!」
当時好きだった人より
→そのギャップは果たして良いのか悪いのか…
聞けなかった。


ちゃんと自分を知っていきたいと思います。。



そんな改革中の私、次のライブは
1/13(水)新宿sact!にて。
この日は20:10くらいからの演奏予定です。
印象的な一言もお待ちしています。



そして、今後はお菓子だけ別ブログにて展開しようかと。
目論んでいます。
その辺りはまた!

広告を非表示にする