読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Renlie's log 2

東京で活動する音楽/言葉/お菓子作家・蓮理のブログです。

宝塚雪組「るろうに剣心」千秋楽。

少し前になりますが、宝塚雪組の「るろうに剣心」千秋楽を観てきました。

先輩女史が誘ってくれました!!

先輩は、私が初めて宝塚を観た時一緒に観劇し、
今や私の何倍も宝塚(特に雪組、特にちぎさん)にハマっている方です。
同じように広島カープユニコーンと鉄道にも愛が止まらない、とても賑やかな方なのです。
私はここ数年お世話になりっぱなしです。

初めて宝塚を見たのが雪組だったからか二人とも雪組推しで、
「刷り込みだねー」と言い合っております。
あれはちぎさん(早霧せいなさん)がトップスターお披露目をした「ルパン三世」だった。



今回の「るろうに剣心」は、
f:id:renlie:20160511002852j:image
このポスターからも分かる、再現度の高さ!

思ったより近い席(3列目)に私は動揺しきり。
f:id:renlie:20160511002858j:image
キャストの方目の前!
そして気付いた、男役の方の美しさ…。

f:id:renlie:20160511002935j:image
公演ごとのオリジナルスイーツ、
毎回楽しみにしてます。


大湖せしるさんの退団、がこの千秋楽の裏大事件だったのですが
最後のダンスのときの美しさが…
センターにいなくても思わず目が追いかけてしまうくらいでした。


雪組、改めて大好きだなあ。
トップがどっちも好き。
ちぎさんがなんだか頬がこけて(あんなに殺陣とかやりまくっていればそうなるか)、
それでもそれがかっこよさ、凄みを増した気がしてより好きになった。

そして今回、ああ、これは好きになってしまうなあ…と思ったのが彩凪翔さん。
かんりゅー…。
ガトリングの歌で呆気に取られすぎて、気付いたら堕ちていた感じでした。
あのアドリブのときのテンポ感、まさにライブ!といった感じ。
息を飲むように恋に落ちる…こうやってみんなヅカファンになるんだ。


終演後、あらゆるアーティストを含めて人生初の出待ち!
先輩は過去の出待ちで、普段着のジェンヌさんの美しさにはまったらしい。
便乗して出待ちしてみる。

たしかに。
有名なジェンヌさんも名前も一致しない若手の方も美しい。

今回の千秋楽で退団になったのは全5名。
それぞれのファンクラブの方が、本人を目の前に声を揃えて感謝を述べて。
整列もきっちりして。

改めて感じるこの統制された文化。
でも本当に愛されてたんだなあ…。
遠巻きに、積み重ねられてきたものを想像して息を呑んだり。


最後まで見送って、本当におしまいになった千秋楽。

私はまた少し深みにはまった。
宝塚行ったことない方はぜひ一度。
そして雪組にぜひ。

広告を非表示にする